エステ選びのココだけ。痩身エステコース紹介

エステのココだけ見極め術|エステ@サイト

エステ@サイトトップ > エステのコースと代表的な施術 > 痩身エステの種類

痩身エステの種類を紹介

痩身エステ
頻度:月1回程度
時間:約50分~100分
料金:1回あたり約6000円~18000円

エステといえば痩身をイメージする人が多いほど、現在のエステの主流といえます。
下半身痩せ、セルライト除去、脂肪燃焼、部分やせなど、一口に痩身といっても対象となる部分も、施術方法も多岐にわたります。
最近はメタボリック症候群がメディアで大きく取り上げられ、20代だけでなく30代~40代の方の中にも痩身エステに通われる方が増えてきているといわれています。
30代からの痩身エステ選びは、新陳代謝機能が落ちてくるため、体本来のエイジング機能をケアできる物を選ぶことが重要です。
ここでは最近の代表的な痩身エステの施術をご紹介します。

リンパドレナージュ

全身をめぐるリンパの流れに沿ってマッサージすることで体内の老廃物を流し、リンパ液の流れを改善する、健康と美容に効果的なトリートメント方法です。むくみの解消や脚やせ等に効果があるとされています。

カッピング

吸い玉療法とも呼ばれ、伝統的な中国の民間療法の一つです。体の背中やお腹などに真空状態になったカップをつけて吸引し、滞った血液やリンパ液の流れをスムーズにする効果があります。身体の深い部分までアプローチし、血行や代謝をよくするため、痩せやすい身体づくりへと体質改善を行います。

ゲルマニウム温浴

植物などに含まれる有機ゲルマニウムを溶かした42~43度のお湯に手足を入れ、20分ほど浸かって発汗を促します。汗と一緒に身体のなかの老廃物や余分な脂肪分を排出させやすくするほか、エステの痩身やフェイシャルなどのトリートメントと併せると、そのトリートメントの効果を高めることができると言われています。

ラジオ波

医療現場における治療でも多く使用されている安全な高周波温熱機器を用いた施術です。皮膚にラジオ波を照射すると皮膚内部で熱が発生し、血液とリンパの流れが促進されることで、新陳代謝がアップし、セルライトや脂肪を燃焼しやすい状態へ導きます。痩身だけでなくアンチエイジングやリラクゼーション効果もあるといわれています。

エンダモロジー

エンダモロジーは審査に厳しい米国FDA(食品医薬局)からセルライトと局部脂肪のケアに効果があると初めて認められたボディトリートメントシステムです。セルライトや皮下脂肪に直接働きかけると同時に、内臓脂肪にも間接的に働きかけ、体内のセルライトや毒素・老廃物など肥満の原因を排泄させ、リバウンドしにくい体質に改善します。冷え、便秘、むくみなどを改善させたり、肌の弾力をアップさせる効果も期待できるといわれています。

EMS

EMSとはElectrical Muscle Stimulation(電気を流して筋肉を鍛える運動)の略語で、脳に代わって外部から電流を流すことで運動神経に刺激をあたえ、筋肉を鍛える方法です。簡単に大きく強い筋肉運動や連続しても疲労が残らない高い運動を短時間で行うことができます。30分で腹筋600回相当の筋肉運動の効果があるとされ、痩身に効果的です。

光痩身

光痩身とは、低出力光(近赤外線)照射により脂肪溶解を促す痩身法です。
痩せたい部位の脂肪細胞に、直接、特殊な低出力光を照射することで脂肪細胞そのものを溶解させ、解け出た脂肪を老廃物として体外に排出させます。
また、低出力光(近赤外線)が脂肪燃焼効果の高い温度により身体の内部から温めることで、脂肪を効率良く燃焼させ、代謝が活性化し固くなったセルライトを分解します。

セルライトスリム

メスを使わない、専用のマッサージマシンを使用した痩身方法です。
専用のマッサージマシンで脂肪を強力に揉みほぐし、分解します。さらに皮下の深部に作用することで、リンパの流れも改善され、血行、新陳代謝を促進したり、リラクゼーション効果にも優れているといわれています。全身・部分痩身、筋肉質な方にも向いています。